新着情報 会社概要 製品案内 お問い合わせ リンク サイトマップ 個人情報保護について


ホーム
戻る

ダクタイル異形管

強く、しなやかに

ダクタイル異形管は、上下水道、工業用水道、農業用水、ガス市場等に
広く利用され、ライフラインの要となっている管路の一翼を担っております。


ダクタイル異形管の用途

    (上段の写真をクリックすると説明が表示されます。)

.

●上水道・簡易水道

市民生活と都市活動を支えるため、

欠かすことのできない水道水を一時も

休まずに送り続けるための導水管、

配水管に適したパイプとして、ダクタ

イル鉄管が最も多く使用されております。                   

ダクタイル異形管は管路を構築するうえで、

必要なさまざまな製品を用意しております。


ダクタイル異形管の特徴

 1.内圧と外荷重に対する高い安全性を発揮します。

   
ダクタイル異形管は強度と延性に優れ、内圧・外圧に対して高い安全性を発揮します。
   例えば深い土かぶりによる土圧、浅い土かぶりにおける輪荷重に良く耐え、水撃圧などの
   衝撃力にも強く、高水圧パイプラインとして適しています。

 2.施工性に優れています。

   メカニカル継手やプッシュオン継手のため接合が早く、通常の地盤では管の芯だし程度の
   砂基礎で施工でき、接合後ただちに埋め戻しができます。

     

 3.継手は伸縮性・可とう性に優れています。

   さまざまな条件に適応した各種の継手・異形管が豊富にそろっています。
   KF形、UF形、フランジ形継手の外は可とう性に優れており、地盤の変動に良く順応し、
   管体に無理な応力の発生が少なく、各継手部で合理的な曲げ配管ができます。

    

 4.離脱防止継手によりコンクリートブロックが省けます。

   KF形・UF形離脱防止継手の採用により、使用条件によっては曲管部・T字管部などの
   コンクリートブロックの省略、軽減がはかれます。

 5.優れた水密性を発揮します。

   ダクタイル異形管は、その用途によって多くの接合形式を用意していますが、それぞれの
   接合形式に適した水密機構を有し、優れた水密性を発揮します。
   また、室内で正常に接合された継手部は、直管の保障水圧[JIS G5526(ダクタイル鋳鉄管)]
   と同様の水密性を発揮します。

    

 6.耐食性・耐電食性に優れています。

   ダクタイル鉄管は、耐食性に優れ、強い腐食性土壌でもポリエチレンスリーブを被覆するなど
   で防食ができます。
   また、継手部にはゴム輪を使用しているので管路全体として電気を通しにくく、電食の影響を
   受けにくい管路を形成します。

 7.維持管理が容易です。

   直管の内面には一般にエポキシ樹脂粉体塗装、またはモルタルライニングが施されているため、
   長期間の使用にも流量・流速がほとんど変わりません。
   また、今までの実績が示すように事故件数が少なく、維持管理しやすいパイプです。
 


ダクタイル 鉄管の規格と種類

  規格

規格名称 規格番号 接合形式(継手) 適用呼び径(mm)
ダクタイル鋳鉄管 JIS G 5526
JWWA G 113
T形
K形
U形
KF形
UF形
SU形
NS形
S形
US形
PT形
PU形
フランジ形
50〜2000*
75〜2600
700〜2600
300〜900
700〜2600
75〜450
75〜250
500〜2600
700〜2600
300〜1350**
300〜1350**
50〜2600***
ダクタイル鋳鉄異形管 JIS G 5527
JWWA G 114

     *T形異形管は呼び径50〜250mmです。 **PI形及びPU形異形管は呼び径300〜1100mmです。
   **呼び径50mm直管及び異形管はJDPA規格です。
   備考:JIS/日本工業規格 JWWA/日本水道協会規格 JDPA/日本ダクタイル鉄管協会規格


  種類

    1類
 


    2類
 


    3類
 


品質管理について

 
ダクタイル異形管の製造工程と品質管理については、こちらを参照ください。


リサイクルについて

 
リサイクルへの取り組みついては、こちらを参照ください。



このページは「日本ダクタイル異形管工業会【ダクタイル異形管】」からの出典により構成されています。           


個人情報保護について  株主・投資家の皆様  サイトマップ


copyrights (C) 2002 Kyushuchuutetsukan Corporation. All Rights Reserved.